スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

③ 会社の代表印を注文する 

前回は、商号調査と事業目的の確認について書きました。
今回は③の会社の代表印を注文について述べたいと思います。 

個人に印鑑があるように会社にも印鑑が必要です!
会社の代表印とは会社の「実印」のことです。個人の実印をご住所地に届け出たのと同様に、会社も代表印(実印)を法務局へ届け出ます。

個人の実印をそのまま使っても大丈夫ですが、個人の実印ですと代表者が代わられた場合などに、改印届を出さなければならないので、「代表取締役印」と印字された会社専用の印鑑を作られたほうが便利です。

法務局で登録できる代表印には、大きさなどに規定があります。しかし、印鑑を販売している店に代表印を頼むと、規定通りに決められた印鑑を調整してくれますので心配要りません。
また、実際に会社を運営していくに当たって必要な「銀行印」や「角印」なども必要になります。
印鑑屋さんでは「代表印」「銀行印」「角印」をセットにして販売しているところがほとんどなので、ここで一緒に作ってしまうことをオススメします。

会社の代表印は、のちのちの登記申請の書類への捺印の時に必要になってきますので必ず持っておくようにしてください。

次回は④の定款について書きたいと思います。
 




>>お勧めです!!



スポンサーサイト
[ 2007/02/06 21:47 ] 起業・独立 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。