スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

①会社概要などの決定 

今回は前回に書いた①会社概要などの決定のについて詳しく述べたいと思います。
 
<株式会社を設立するにあたり会社概要を決めます。決まったら書面に残しましょう>

設立する株式会社の概要が決まったら最初に作る書類は、「発起人会議事録」(発起人が1名の場合には「発起人決定書」)です。(後に作成する定款のことを意識してなるべく詳しく決めておくと、手続きがスムーズに進みます。)
発起人全員の意思で設立に関する重要なことを決めたということを書面に残して、発起人全員で捺印しておきましょう。

発起人会議事録で決めておくべきこと
・商号
・事業目的
・発行可能株式数
・設立時発行株式1株当たりの金額
・資本金
・発起人が引き受ける株式の数
・資本金を払込む金融機関
・取締役の任期
・事業年度

etc
発起人の意思の相違によるトラブルを防ぐためにも最初に作成するのが良いです。



30万人が成功したノウハウをあなただけに提供します!!
スポンサーサイト
[ 2006/12/24 08:09 ] 起業・独立 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ak27naru.blog74.fc2.com/tb.php/12-00c506df




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。